connecting…

  • 確定拠出年金「iDeCo」「企業型」
  • ふるさと納税
  • 届け出だけでお金がもらえる! 給付金制度を活用しよう
  • Money&You TV
  • マネラジ。
  • セミナーレポート
  • まとめ記事/チェックテスト
  • 歴女の投資ファイル
  • ズボラでも出来るシリーズ
  • 投資信託でプチリッチ!「投信ウーマン」
  • 投資女子への道
  • 恋株
  • ぽいきさんの幸せを呼び込むシリーズ
  • 大人女子を応援!家庭で出来る漢方の知恵
  • 読書ブロガー小野寺理香のブックレビュー
  • 駐在マダム、モラハラ夫からの逃亡記
  • “逆打ち”お遍路をご紹介

19/04/29

家計・ライフ

放っておいてもマジで増えちゃう「お金の増やし方」5選

銀行に預けていても低金利で増えない時代です。だからこそ、投資でお金を増やしたいと思うものの、投資は「手間」「面倒」というイメージを持っている人も少なくないでしょう。でも、大丈夫!
今回は、忙しくて投資の勉強をしている時間も、運用商品の値動きをチェックしている時間もない…そんなあなたにおすすめしたい、放っておいてもお金が増やせる5つの「ほったらかし投資」をお伝えします。

ほんとにいいの? ほったらかし投資とは

投資と聞いて思い浮かぶのは株ではないでしょうか。会社が発行する株を買ったり売ったりして利益を狙う投資です。でも、株の値段(株価)は景気や企業の業績の影響を受けて上がったり下がったりするため、「値動きをチェックしなきゃ」「株価が上がった(下がった)から売却のタイミングを図らなきゃ」などと、するべきこと・気になることがいくつかあります。時間や手間がかかるために、投資が始められない人も少なくないでしょう。

そんな方には「ほったらかし投資」がオススメです。
ほったらかし投資とは、投資先を決めたら、あとはほったらかしにしておくだけでお金を増やすことを目指す方法です。短期間でお金が増減するようなリスクの高い商品に投資をするのではなく、長期間かけてコツコツ積み立てていき、お金を増やしていくのが基本の考え方です。

何しろほったらかしですから、誰でも手間をかけずに簡単に始められます。その上、気がつけばお金が貯まったり、増えたりしているかもしれないというわけです。

それでは、基本的にほったらかしで大丈夫なお金の貯め方・増やし方を5つ、紹介します。

●ほったらかし投資1:おつり貯金

買い物した際に受け取ったおつりの500円玉を貯金箱に入れる「500円貯金」は王道ですが、ついつい入れるのを忘れてしまったり、貯まった500円を数えるのが大変だったりするデメリットもあります。

そこで利用したいのが、おつり貯金アプリです。
買い物に使うクレジットカードと貯蓄用口座を登録しておくと、クレジットカードで買い物をしたときのおつりにあたる金額が貯蓄用口座に自動的に移行され、無理なく貯蓄ができる仕組みです。有名な貯金アプリとしては「finbee」や「しらたま」があります。厳密には投資ではなく貯金ですが、お金を貯める仕組みということで紹介しました。

●ほったらかし投資2:個人向け国債

国債は国がお金を集めるために発行している債券です。国債にはあらかじめ利子の支払い条件や満期日が決められています。投資の見返りとして定期的にその利子が支払われ、満期を迎えると最初に投資したお金(元本)がそのまま返済されます。

国債の中でも、個人が買いやすいようにしてある国債を個人向け国債といいます。個人向け国債は銀行や証券会社などの金融機関で購入することができます。
変動金利型の「変動10年」、固定金利型の「固定5年」、「固定3年」の3タイプが毎月発行されています。最低1万円から購入ができ、年率0.05%の最低金利が保証されています。また、発行後1年以上経過したら額面1万円単位での中途換金が可能です。

投資商品でありながら、元本割れのリスクが少なく、金利もいいので、初めて投資する人も購入しやすい商品といえます。

●ほったらかし投資3:おつり運用

買い物のおつりで資産運用できるアプリもあります。
たとえば「マメタス」は、クレジットカードでの買い物のおつりにあたる金額を、ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」が毎月1回、銀行口座から引き落として資産運用してくれます。おつりの金額は100円、500円、1000円の端数から選択可能です。
手続きをすればあとはすべておまかせ運用で国際分散投資が行われるため、無理なく継続して投資できます。

●ほったらかし投資4:ポイント投資

各企業がサービスの利用者に対して還元しているポイントを使って、資産運用ができるものがあります。
たとえば、セゾンカードの「永久不滅ポイント運用サービス」は、貯まった永久不滅ポイントを投資信託や株式に投資し運用します。永久不滅ポイントは好きなときに取り出して永久不滅ポイントとして使うことができます。「株式コース」においては、1株の価値になった際、実際の株式に交換することもできます。
また、2019年4月からは、SBIネオモバイル証券の「ネオモバ」でTポイント、ストックポイントの「Pontaポイント運用」でPontaポイントを使った投資ができるようになっています。

自分のお金を使うとなると、リスクが気になって投資に踏み出せないという人でも、ポイント投資なら気軽に投資しやすいのではないでしょうか。

●ほったらかし投資5:つみたてNISA・iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)

ファンドマネージャーとよばれる投資の専門家が私たち投資家からお金を少しずつ集め、まとめて運用してくれる商品を投資信託といいます。
この投資信託をつみたてNISAという制度で購入すれば、利益に対して本来かかる20.315%の税金が非課税になります。

また、特に老後資金を貯めるなら、iDeCoで投資信託に積立投資するのがおすすめです。原則、60歳まで引き出すことはできませんが、以下の3つの税制のメリットを受けられます。
(1)毎月の掛金が全額所得控除(所得税、住民税が安くなる)
(2)運用益にかかる20.315%の税金が非課税
(3)受け取り時にも税制優遇

投資信託には元本の保証はありません。しかし、つみたてNISAやiDeCoは、非課税のメリットや税制のメリットを生かしながら、長期間コツコツと取り組める投資ということで紹介しました。

まとめ

今回は、放っておいても増えちゃうお金の貯め方・増やし方について見てきました。
これまで貯蓄が続かなかった人でも無理なくコツコツ、長期・積立でお金を増やすには、基本的にほったらかしでも大丈夫なお金の貯め方・増やし方を選択することが重要でしょう。

今関 倫子 ファイナンシャル・プランナー

外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FP Cafe登録パートナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するみんなのマネー相談(FP Cafe)

両親の老後が心配です。

家計・ライフ東京都 いいね 6 2015/09/23

両親は二人とも60歳以上です。父も母も今はまだパート等で生計をたてており、なんとか暮らしていけていますが、来年で父親も65歳になり、年金はもらえるようになりますが、現在の仕事は契約が切れるので収...

マネー相談の続きを見る

自営業を初めた旦那。

家計・ライフ東京都 いいね 3 2015/06/06

二児の母です。主人は元々会社経営をしており、月給80-100万円程手取りで貰っておりました。それが一年程前、その会社を譲渡し、別の会社を立ち上げました。立ち上げてから数ヶ月。未だに生活が安定せず...

マネー相談の続きを見る

資産運用を始めたいと思っています。

家計・ライフ茨城県 いいね 8 2015/11/14

来春に第一子を出産予定の専業主婦です。夫が転勤族なので、パートタイム勤務をしてきました。
これまで資産運用はせず、地道に貯金をしてきましたが、今後はますますお金がかかると思いますし、将来に備え...

マネー相談の続きを見る

閉じる
FP Cafe® お金の相談をするなら、一生涯の「お金の相談パートナー」へ